綿で描くパステル画の説明や、作品を載せています


by tomo-e

ほめられたい

老人ホームで皆さんにパステル画を教えていると

「私はうまく描けないから、先生描いて。」とよく言われます。

確かに、手が上手く使えない・目が見えにくいなど色々と問題があります。

でも、私はいつも心を鬼にして、「頑張って自分で描いてみましょうね。」とお伝えします。

上手い下手ではなく、「自分の力で最後まで描く」ことをしていただきたい。

3、4回目くらいになると、驚くくらいの上達です。

それは絵の上達ではなくて「こころ」の上達です。

上手く描きたい→自分の手で。と思うようになってくださることです。

そして「欲」が出てきます。

もう少し立体的に描きたい、とかこんな色を出したいとか。

なので、言葉で説明して、ご自分の手でなるべくやってもらうんです。


出来上がった作品はなるべく具体的に褒めます。

皆さんと出来上がった作品をみせあいます。

でも、私が褒めるよりも介護士さんたちやスタッフの方々の褒め方がすごい!!

いつも感心しますね。

皆さん、気持ちよくなって各お部屋へ戻られます。

「褒められる喜び」の力は、成長します。

私も、日々、勉強です!!
[PR]
by hibikiau-pastel | 2013-10-05 09:20 | デイサービス・老人ホーム