綿で描くパステル画の説明や、作品を載せています


by tomo-e
私が描いている、この「綿で描く三原色6色のパステル画」について、説明いたします。

これは、1994年9月、牛久市の「こども園」という小児神経科クリニックで、当時、絵画指導していた小菅晶子氏によって創始された技法です。これは1919年にドイツ・シュナイター(1861-1925)の人間観に基づいてドイツで始まったヴェルドルフ学校や幼稚園、世界各国の姉妹校で実施されている、「三原色の水彩画」の描き方を基にしています。
そして、シュタイナー系の治療教育の現場で行われていた、「綿で描くパステル画」の手法を応用し、色彩体験を主体とした誰でも簡単に楽しむことができるように考案された絵画法です。(「生命をはぐくむ色彩」臼田さかえ著 より抜粋)


長野で、この「三原色6色のパステル画」に出会い、私もこの柔らかな色彩で長野の美しい風景を描きたいと思いました。そして画家の先生に付き、しばらくの間、勉強をさせていただきました。

広島へ戻ってから、作品に没頭していましたが、ご縁あって老人ホームでこのパステル画をお年寄りの方々にお伝えすることとなりました。手のリハビリや脳の活性化に良いとされご本人はもちろん、そのご家族の方々にも喜んでいただけるようになりました。

ルピナスの小菅先生は、
「どうぞどうぞ皆さんにお伝えしてください。芸術は自由ですから。」とおっしゃっていただきました。
そもそも芸術には「型」があるわけではないと思っていた私には、高額な料金でインストラクターの資格をもらえるなどといった思想にはたどりつけませんでしし、憤りさえ感じていました。

誰にでも楽しめ、描けるのが芸術で、そこに資格は必要ないと。

私たちをとりまく世界の美しさを、三原色6色のパステルで描かれています。
アトリエルピナス


ルピナスの絵は私の軸です。

どんなときも優しく響いています。

私も、病院に飾る絵がコンセプトです。

パステルの柔らかい色彩で、

たくさんの患者さんが少しでも癒されたら、

そんなふうに思っています。
[PR]
# by hibikiau-pastel | 2012-09-26 16:55 | アトリエ ルピナス

両親に。

両親に、日ごろから子どもたちがお世話になっているので、スイレンの絵を描いてプレゼントしようかな。

こんな感じになりました。

a0292783_9453842.jpg



気に入ってくれたら、いいけれど・・・。
[PR]
# by hibikiau-pastel | 2012-09-25 09:46 | 作品

好きな山

長野にいたころ、一番のお気に入りの山(場所)は、白馬。

四季通して、一番好きだったのは5月の白馬。

菜の花畑に白馬三山、これ最高。

冬のスキーも良かったな。

スキー人口が激減したため、ほぼ独り占めの風景。

私ってこんなに山が好きだったのか・・・?40にして気づく、

そうだ、小さいころアルプスの少女ハイジが大好きで、「いつか雲の上に乗ってやる!!」と

本気で思っていた(笑).

今頃になって納得。

青い空と、白馬三山。

また、会いたいな。

a0292783_2041550.jpg

[PR]
# by hibikiau-pastel | 2012-09-22 20:05 | 作品
はじめまして。

atelier tomoE の tomoe です。

現在は広島市に在住ですが、2004年~2011年の間、夫の仕事(転勤族なんです)で長野県長野市に住んでいました。
噂通りの自然豊かなところで、7年間の長野の生活は、山で始まり、山で終わった…て感じでした。
っていうか、登山はしませんが、見渡せばアルプスの山々がそびえたってるので、ド迫力ありますよね~。

中国山地の山々と、瀬戸内海をみて育った私には、野生のカモシカとアルプスの山々にはホント、感謝しています。

まず、自然の美~造られたものではない美しさってこういうこなんだと。

風のかおり、森の空気、雲の流れ、夕焼け、星空、満月の空、雪の結晶と雪のダンス・・・どれをとっても、言葉じゃ表現できない「美」。

私は長野でその「美」に出逢いました。

そして、同じように、「三原色6色のパステル画」にも出逢ったのは長野。


ちょうど、小さなデパートの一角に展示してあったパステル画。

絵に溶け込んだ瞬間でした。

「こんなきれいな色ってあったんだ~」

魔法にかけられたような、そんな感じ。

癒され優しい気持ちになれ、勇気をもらえた、そんな瞬間でした。

長野の自然を私はこのパステル画で表現したいと思いました。


それから、先生に付いてパステル画を習い、時には病院などで作品展をしたり。


私が癒されたように、今度はみてくれる誰かを癒されたらと、そう思います。


この三原色6色のパステル画はアトリエルピナス
a0292783_10424725.jpg


そして、「生命をはぐくむ色彩」の著者 臼田さかえさんは、この「響き合う色」の三原色6色のパステル画法を開発された経緯も本書に書かれています。
a0292783_10461839.jpg



響き合う色を見ていると
そこから風景が生まれ
物語が始まります
森 空 緋色の衣
洞窟への道 光の国
いろんな色の花の蜜を吸った
蝶々
色が作り出す形
そして
それを見る人間の感性は
無限です  ~響き合う色 より~

a0292783_1050426.jpg

皆さんに、この響きあう色が届きますように・・・
(娘の書に色を足しました ・^-^・)

[PR]
# by hibikiau-pastel | 2012-09-21 10:52 | はじめに